観覧券ご案内 各踊場披露時刻ご案内
 
トップ > 長崎くんちとは

長崎くんちとは

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭で、毎年10月7日から3日間、長崎の町を挙げて催されます。
 寛永11年(1634年)に、当時の太夫町(後に丸山町と寄合町に移る)の二人の遊女、高尾と音羽の両人が、諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。
 長崎ではこの年に「出島」埋築が着工され、「眼鏡橋」が架けられています。
 以来、長崎奉行の援助もあって年々盛んになり、さらに奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として評判だったそうです。
 現在、踊町は長崎市内に全部で59カ町あり、全町が7つの組に区分されています。奉納踊を出す当番は7年に一度回ってきます。演し物は龍踊、鯨の潮吹き、コッコデショなどがあり、これらの奉納踊は国指定重要無形民俗文化財となっています。

 くんちの語源は、旧暦の9月9日を重陽の良き日として祝う中国の風習が伝わり、9日(くにち)をくんちと読み、祭礼日の意味としたとする説が一般的なようです。

長崎伝統芸能振興会は、長崎市の経済発展と観光事業振興の一翼を担う、伝統ある年中行事“長崎くんち”(神事を除く)の円滑なる運営と振興を促進し“演し物(だしもの)”の保存育成を図ることを目的としています。その一環として公会堂前広場に踊場を開設・運営し、多くの市民や観光客の方々に奉納踊をご覧頂いています。

<開催期間>
毎年10月7日・8日・9日

<場所:踊場>
諏訪神社(長崎市上西山町)、長崎市公会堂前広場(長崎市魚の町)、
お旅所(長崎市元船町)、 八坂神社(長崎市鍛冶屋町)

ホーム踊町と演し物どこで観る?観覧券のご案内行事ミニ辞典交通アクセスリンク集